秩父の畑で、本当の荏胡麻づくりに こだわり続ける荏胡麻屋が、食材への厳しいこだわりの目で 「日本のいいもの」を厳選しました。

日本のいいものを、届けたい。
日本のいいものを、伝えたい。

荏胡麻屋セレクション
 

埼玉県さいたま市北区土呂町2-29-2
TEL 0428-667-6176(代)
FAX 048-667-7010
農場:埼玉県秩父市
工場:埼玉県秩父市下吉田7501


えごま丸パン | バターなしで香ばしい♪ 荏胡麻油でつくる食事パン

2020.08.05
Category -
えごま丸パン | バターなしで香ばしい♪ 荏胡麻油でつくる食事パン)
■材料
 強力粉 … 200g
 ドライイースト … 3g
 塩 … 3g
 砂糖 … 14g
 スキムミルク … 12g
 ぬるま湯(30~35℃)… 135ml
 荏胡麻油 … 10g


1.下準備

大きめのボウルに強力粉、砂糖、塩、インスタントドライイースト、スキムミルクを入れます。

このとき、塩とドライイーストは離したところに置きます。

2.混ぜる

軽くかきまぜ、真ん中にくぼみをつくります。くぼみへぬるま湯を加え、手早く混ぜます。
まとまってきたら台に取り出し、捏ねていきます。(5分程)

3.荏胡麻油投入!

生地をボウルに戻し、荏胡麻油を足して捏ねます。
馴染んだらふたたび台に取り出し、表面につやが出るまで2~3分捏ねます。

4.一次発酵

乾燥しないようボウルごとラップをし、暖かい場所で40分置きます。目安は、生地が2倍に膨らむ程度です。

※冬場はオーブンの温度調節機能を使うのがおすすめです

5.分割

台に粉をさっと振り、生地をさかさまに(底部分が上になるよう)取り出します。
軽くのばし、二つ折りにしてから6つに切り分けます。

6.ベンチタイム

手のひらで軽くたたき、生地内のガスをぬきます。
左右から生地をひっぱって三ツ折にたたみ、生地ごと90度回転させたら、再び三ツ折にします。        

とじ目を下にして、乾燥しないよう固く絞った濡れ布巾をかけ、15分おきます。

7.成形

とじ目を上に戻し、軽くたたいてガスを抜いたら、丸めなおします。

※とじ目はしっかりと閉じ、生地の表面にハリが出るよう整えます。

8.二次発酵

天板にオーブンシートを敷き、間隔をあけて並べます。
乾燥しないようラップをふんわりとかけ、あたたかい場所で15分置きます。

オーブンを180℃で余熱します。

9.仕上げ

ナイフで生地に5ミリ程の切れ目(クープ)を入れます。   
照りをつけるための卵(分量外)をハケで薄く塗ります。(厚く塗ると焦げやすいです)

※照卵…卵1個を溶いて大匙1の水を加える

10.焼成

オーブンで15分焼いて完成です!

きめ細かくしっとりと焼き上がりました。